ホームへ

青木八郎

音楽監督 青木八郎

1919年生 千葉県出身 血液型B型
青廊会代表指揮者(女声合唱12団体、混声合唱1団体、総団員数約210名の 指揮・音楽監督を務めています。)
戦後復員されてからなんと50年以上の長い間、合唱指導一筋に、人生のすべてを賭けていらっしゃいます。
私たち津田沼混声合唱団も1977年の結成からずっと先生の指導を受けてきました。 指揮は溝口先生にかわりましたが、今も音楽監督として毎週土曜日の練習には必ずいらっしゃって 時には指揮者に、時には合唱団に、そうだ、ピアニストにさえも、情熱的でエネルギッシュ、厳しいけれど、時には優しくウイットにとんだ 指導をしてくださるとても魅力的な先生です。
2014年7月に亡くなられ、津田沼混声合唱団は10月の第35回定期演奏会を追悼演奏会として開催しました。

溝口秀実

指揮者 溝口秀実

武蔵野音楽大学オルガン科卒業、オルガンを志村拓生、広野嗣雄、深井李々子、月岡正暁の各氏に師事。
卒業後習志野一中に奉職。そこで管弦楽の部活動と出会い、指揮と取り組む。
結婚後配偶者に連れられ津田沼混声合唱団に入団。「力一杯歌う喜び」と「先生の指揮、指導を盗む喜び」に浸っていると、 ある日突然青木先生から「振ってみろ」と言われ、断れない性格から1999年副指揮者になり、2005年から指揮者。

片岡大二郎

副指揮者 片岡大二郎  

1991年、千葉県生まれ。合唱指揮者・作曲家として千葉県を中心に活動。
混声合唱団VOCE ARMONICAの団内指揮者として黒川和伸氏の下で研鑽を積み、全日本合唱コンクール全国大会で金賞を受賞。
作曲では、合唱曲「大迫半端ないって」が話題となりNHKに出演。
また、ゲームやアニメ等の音楽を合唱で演奏する「サブカルチャー系合唱」にも活動の幅を拡げており、 「京葉ハミングバーズ」の指揮者として「副次的文化系合唱祭」に出演する他、多数の合唱団に編曲作品を書き下ろしている。
声楽を赤沢啓子氏に師事。mille foglie(女声)指揮者、欅坂合唱団(混声)指揮者、VOCE ARMONICA(混声)団員・団内指揮者。千葉県合唱連盟理事。
2022年より津田沼混声合唱団副指揮者。

伊藤恩

ピアノ 伊藤 恵

千葉大学教育学部音楽科卒業。在学中より声楽伴奏を始め、多くのソリストと共演。ジョイントコンサートや、ピアノ2台・3台によるアンサンブルコンサート等を度々行う。
2002年、オペラ“夕鶴”ルーマニア公演の稽古ピアニストを務め、その後“赤羽オペラ”に度々参加。
2005年からは、つくば市でオペラグループ“コローレ・ロッソ”の専属ピアニストを務め、オペラ講習会やコンサート等に度々参加した。
現在は主に合唱ピアニストとして活動する他、声楽アンサンブルの指導も行っている。
“女声コーラス・ミモザ” “柏プリムラ・エ・コール” “グリーンハーモニー” “宮の森合唱部” ピアニスト。

ホームへ